プロフィール

川邊祐之亮(かわべゆうのすけ)

グラフィックデザイナー・友禅作家


有限会社ジャパンスタイルシステム 代表取締役 [会社HP]
手描友禅工房かわぜん 代表
同志社女子大学 嘱託講師


1965
手描友禅工房の長男として京都市内に生まれる。

1996
京もの工芸品技術後継者として京都府より認定。

1997
京都デジタルアーカイブ推進機構・京都市染織デジタルアーカイブ研究会にて友禅柄を二次元CG化する研究を開始。

2002
京都市ベンチャー企業目利き委員会にてAランク認定。

2001
ミズノ株式会社様とのコラボレーション水着「YUZEN STYLE」を発表

2004
アテネオリンピックにてシンクロ日本代表の水着デザインを担当。デュエット、チームともに銀メダル獲得に貢献。

2005(~2007)
世界水泳、シンクロワールドカップにてシンクロ日本代表の水着をデザイン。

2006(~2011)
プロ野球中日ドラゴンズのグランドコートデザインを担当。

2006
グンゼ株式会社様とのコラボレーション「BODY WILD」友禅シリーズを発表。

2006
京都大学ベンチャービジネスラボラトリーと共同研究にて、KYOTOCARを製作しG8外相会議で発表。

2009
パリ・モンパルナスにて同志社大学「京都の赤展」アートディレクション担当、インスタレーション作品を発表。

2012
JAXA(宇宙航空研究機構)と同志社大学の共同研究にて、無重力下で桜吹雪を舞わすインスタレーションを宇宙空間(国際宇宙ステーション内)にて発表。

2013
京都・臨済宗妙心寺塔頭 如是院様の襖絵を製作。

2014
京都市交通局「洛バス」のデザインを製作。

2015
四国大学女子サッカーチームのユニフォームをデザイン

2018
四国大学女子7人制ラグビー部のユニフォームをデザイン。


現在、世界的音楽家ツトム・ヤマシタ氏ととも染による音の視覚化に取り組んでいる。